最悪の事態を想定

 

これからお話しする事は、ここ最近世間
を賑わせた熊本の地震が、阿蘇山方面に
近づいてきていた事から、私なりに色々
調べ、十分な可能性がある最悪な事態を
想定させて頂く事よって、日本全国の
皆様に備えや危機感を頭の片隅にでも
置いておいて欲しいという気持ちから
させて頂きたいと思います。

 

最悪な事態を想定する事をネガティブな
思考だと感じる方もいらっしゃると思い
ますが、最悪を想定し認識する事こそが
ポジティブ思考のスタート地点という
信念の元、情報を発信していきたいと
考えております。

 

地震大国日本で生活している事を踏まえ
最悪の事態を想定して備えていれば、
実際に想定してた最悪の事態が現実に
起こったとしても心が揺れず、最悪中の
最悪を回避できると信じております。

 

カルデラ噴火とは?

 

阿蘇山は世界最大のカルデラ地帯との事
ですが、カルデラ(caldera)とは、
「鍋」という意味のスペイン語です。

 

非常に短い期間で地下に蓄えた大量の
マグマを放出する事によって、マグマ
が抜けた後の空隙に地盤が落ち込み、
巨大な鍋状の地形を作ります。

 

カルデラ
 

この鍋状の地形が「カルデラ」と
呼ばれることから、この巨大噴火を

 

カルデラ噴火(破局噴火)

 

と呼びます。

 

日本のカルデラ噴火

 

7300年前の

 

鬼界カルデラの噴火

 

が日本で1番最近起こったカルデラ噴火
らしく、南九州から四国で生活していた
縄文人はほぼ死滅し、生き残った一部は
食料を求めて火山灰のない東方面の地域
に大移動したそうです。

 

その後、1000年近くの間、誰も住む
事の出来ない無人の地となった事が、
火山灰層の上下から発見される縄文遺跡
の土器の様式が全く異なっている事から
判明しています。

 

阿蘇4噴火(Aso4)

 

阿蘇山では、30万年前から9万年前
までの間に、4回も巨大なカルデラ噴火
が発生しており、9万年前の噴火は

 

阿蘇4噴火(Aso4)

 

と呼ばれ、日本のカルデラ噴火としては
過去最大級だったらしいです。

 

阿蘇4噴火
 

この大噴火の規模は、7300年前の
鬼界カルデラの噴火の5倍とも言われ
約300年前の富士山宝永噴火と比較
すると、約1000倍の規模だった
と言われております。

 

実際にカルデラ噴火が起こってしまうと
その周囲約200kmの範囲は火砕流で
覆われるそうで、その速度はかなり早く
時速100kmを超得るスピードで周囲を
数時間以内に800℃以上の高温
火砕流が襲い、壊滅状態となってしまう
そうです。

 

雲仙普賢岳の火砕流
 

阿蘇4噴火では、火砕流が九州のほぼ
全域を襲い、一部は100km以上海を
走り山口県にまで到達しています。

 

更には、火山灰は日本全土を覆い尽くし
た事が分かっており、北海道東部でも
厚さ10cm以上に達した地層が確認
されております。

広告


カルデラ噴火の頻度

 

日本でカルデラ噴火は6千年に1回程度
発生しているそうで、ここ最近は上記の

 

鬼界カルデラの噴火

 

の7300年前が最新で、それからは
発生していない事から、いつ起きても
不思議ではないと言われております。

 

ちなみに熊本県の阿蘇の町というのは、
阿蘇4噴火の時にできたクレーターの中
に出来た町で、画像を見ていただくと
地形が鍋状になっているのが分かると
思います。

 

阿蘇の町は実はクレーター
 

火山灰の恐ろしさ

 

阿蘇山噴火による火砕流が九州全体に
大被害をもたらすのは、イメージする事
が出来るかと思いますが、実際は火山灰
の方が広範囲にわたって被害を及ぼすと
いう事を知らない方が多いみたいです。

 

カルデラ噴火
 

10センチの火山灰

 

火山灰が10センチ以上降り積もる事に
よって起こる弊害の数々を調べてみた所
以下の多くの問題が懸念されます。

 
航空路がまひ状態になる
 

飛行機のジェットエンジンが、大気中の
火山灰を吸い込んでエンジン停止の恐れ
がある為と、空港に火山灰がわずかでも
積もっていると飛行機の離発着が不可能
になるそうです。

 
原子力発電所の事故の可能性
 

福島第一原発が大爆発した時のような
事態になってしまうとプルトニウムと
ストロンチウム入り死の火山灰が降ると
推測されています。

 
車での移動が不可能に
 

火山灰が数ミリでも積もると、坂道では
車がスリップして動けなります。

 

更には、降り積もる火山灰の重さにより
ワイパーは止まり、ドライバーは完全に
視界を失い、衝突事故が多発します。

 
肺気腫にかかる
 

火山灰はアスベストのようにガラス質で
先端が針のように鋭く尖っているため、
まともに吸ってしまうと、『肺気腫』に
かかってしまうそうです。

 
サンダーボルト(火山雷)
 

桜島の噴火口近くでのサンダーボルト(火山雷)
 

火山灰は静電気を帯びるため、そこへ
小さな粒子が衝突すると、落雷放電現象
が頻発します。

 
電柱がショートし大停電
 

更に火山灰で太陽光が遮られるため、
昼間でも暗闇になります。

 

電柱などもショートします。

 

その他の火山灰による弊害

 

・あらゆる農作物は枯死

 

・灰の重みで建物の屋根が落ちる

 

・貯水池や水道浄化池で取水不可能に

 

・山地は雨が降るたびに土石流が多発

 

上記以外にも多くの被害が考えられ、
火山灰の量が多くなる程被害が拡大する
と考えられます。

 

9万年前に起こった阿蘇4噴火では、
北海道東部の地層から10センチ以上の
火山灰が見つかっておりますので、
文字通り日本全体を火山灰が覆いつくす
という状態だった事が分かります。

 

阿蘇4レベルの大きな規模の噴火でなく
とも、『鬼界カルデラの噴火』レベルの
噴火が起きるだけで、日本は壊滅状態に
なってしまうのではないかと推測されて
おります。

広告


南海トラフ大地震

 

専門家の中には、2011年3月11日
の東北地方太平洋沖地震は、火山活動が
活発化する幕開けとなる可能性を秘めて
いると言う人も多く、マグニチュード9
のあの大地震で火山噴火が誘発される事
により、大噴火に繋がる事も考えられる
との意見もあるようです。

 

2011年の東北地方太平洋沖地震と
869年に起きた

 

貞観地震

 

とは場所も大きさもほぼ同じだった
という事実があります。

 

この貞観地震の18年後に南海トラフ
で大地震が起こったという記録が残って
いる事から、近い将来に

 

南海トラフ大地震

 

が起きる可能性が高くなってきていると
推測する声が多くなっています。

 

今回の熊本地震もその前兆ではないかと
考えてる専門家もいるようです。

 

日本の大噴火の頻度

 

1914年の桜島の大正噴火

 

1929年の北海道駒ケ岳噴火

 

の2回以降100年近くの間日本では、
大噴火は起こっていません。

 

世界的にも日本で1番有名な山である
富士山も活火山であり、古文書の調査
から富士山は平均すると140年に1回
程度の割合で、大噴火してます。

 

最近では、1707年の

 

宝永噴火

 

以降300年以上噴火していないという
事実から、いつ噴火してもおかしくない
のは有名な話です。

 

東京のような世界的大都市の近くで、
大噴火が起きた事は今までないらしく、
被害がどのくらいになってしまうのか
全く予想がつかないそうです。

 

地震大国日本

 

火山噴火は地下の高温のマグマが地表に
接近することによって起こるそうで、
地震活動や地殻変動など噴火の前兆と
なる現象が発生します。

 

最近熊本で頻発した数多くの地震が

 

『阿蘇山のカルデラ噴火』

 



 

『南海トラフ大地震』

 



 

『富士山噴火』

 

を誘発する前兆だったのではないかと
考えている専門家も多くいて、その様な
連鎖が起きてしまった場合、日本国内は
壊滅状態になってしまい、国内に安全な
場所などなくなってしまうという気が
してしまいます。

 

阿蘇大噴火 (日本沈没)
 

もちろんこれらの話しは全て、

 

あくまで最悪中の最悪の想定

 

でありますので、頭の片隅にでも置いて
おくだけで、良いと信じて止みません。

 

地震大国日本に住んでいる限り、知識の
1つとして過去の日本の地震史を1つの
教科として、学校教育の中でも伝えて
いく必要があるのかも知れません。

 

最後まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

広告