超ネタバレ!ジュラシックパーク2でTレックスの血をブルー(ラプトル)に輸血!

ジュラシック・ワールド2/炎の王国で銃で撃たれて大量出血しているブルーに何とTレックスの血を輸血!海外出張先でJurassic World: Fallen Kingdomを観てきた私がお届けする正真正銘の ネタバレ・あらすじブログです。ブルーが撃たれ、火山噴火でいよいよヤバイ島からの脱出、Tレックスのレクシィからの採血、ブルーの銃弾摘出手術は成功までをお伝えします。

【ネタバレ・あらすじ】ジュラワ2でのブルーの赤ちゃんの知能の高さに驚愕

ジュラシック・ワールド2/炎の王国でのブルーらラプトル4頭の幼少期の映像が可愛過ぎてヤバかったです。このヴェロキラプトルの成長の記録動画は前半と後半に2回出てきます。オーウェンが餌を持ち、4頭のラプトルにきちんと整列するように指示するとなんとブルーが他の3頭に声をかけ、リーダシップを取って全員を並ばせるというスゴ技を見せたり、オーウェンが演技で悲しそうな表情と動作をすると、それを読み取ったブルーは、オーウェンを慰める様に彼のそばに寄り添います。凄く癒されました(笑)

ジュラシックワールド3でモササウルスが!?公開日とガチのネタバレ

ジュラシック・ワールド2/炎の王国のモササウルスのネタバレ・あらすじ・感想です。いきなり冒頭シーンからモササウルスとTレックスのレクシィが登場。モササウルスは3人の男を捕食した後、悠々と外洋へ消えていきました。次作のジュラシックワールド3(2021年6月11日公開)では、オーウェンがこの体長30メートルのモササウルスを捕獲あるいは仕留める可能性が高いですね。

オーシャンズ8のカメオ出演はルーベンでマット・デイモンはセクハラ発言でカット?

オーシャンズ8のカメオ出演1人目はルーベンでした。もう一人はまた後で。カメオ出演を騒がれていたマット・デイモンはセクハラ発言で出演シーンカットと悲しい結果に。デビーがルーに会いに行った時の話しや、デビーの元カレで彼女を刑務所に送った張本人のクロード・ベッカー(リチャード・アーミティッジ)に会いに行くシーンがこの映画の鍵となります。

ガチのあらすじ!オーシャンズ8でデビーが万引き後ダニーのお墓へ

オーシャンズ8観てきました。日本公開は2カ月先なのでじっくりとネタバレやあらすじを紹介していきます。ネタバレ注意です。刑務所を出所したデビーが最初にした事は何と万引きでした(笑)そしてホテルにタダで泊まり、その後向かったのはダニー(兄)のお墓。ここでオーシャンズのメンバーと遭遇します。一体誰なのでしょうか?

後半ネタバレ!インドラプトルはジュラシックワールド/炎の王国の恐竜史上最強ハイブリッド!

ジュラシックワールド/炎の王国のインドラプトルは恐竜史上最強ハイブリッドで、ラプトルの唯一の生き残りである『ブルー』のDNAが遺伝子組み換えで組み込まれています。前作のティラノサウルス・レックスのハイブリッド種『インドミナス・レックス』よりも小型ですが、俊敏さと知能を兼ね備えた肉食恐竜で怖さがどのように演出されるかが楽しみです。恐竜が寝ている間に部屋に入ってくるなんて、相当なホラーですからね(笑)インドラプトルはジュラシックシリーズ初の遺伝子組み換えで創り出された雄(オス)です。この辺りもジュラシックワールド3に繋がるカギとなるのでしょう。

ガチのネタバレ!ブルーのDNAでジュラシックワールド2の新種が誕生?

ジュラシック・ワールド/炎の王国(フォールンキングダム)Jurassic World: Fallen Kingdomでブルーとオーウェンの友情が復活!しかし、ブルーのDNAで新種の恐竜インドラプトル(インドミナス・ラプトル)が創り出されます。知力と俊敏さを兼ね備えた新しいハイブリッド恐竜は楽しみですね。

リアルなネタバレとキャスト(画像)を紹介!ジュラシックワールド2/炎の王国

ジュラシック・ワールド2/炎の王国(Jurassic World/Fallen Kingdom)のネタバレ・あらすじ・感想・キャスト(画像)を紹介。前作のジュラシックワールドの4年後が舞台で、火山噴火から恐竜たちをレスキューするという無謀な作戦が決行。ブルーとオーウェンの友情や新種の恐竜インドラプトル(インドミナス・ラプトル)が人間社会で大暴れします。ティラノサウルス・レックスやモササウルスなどシリーズ最多の恐竜が登場。

後半にネタバレ!オーシャンズ8の公開日は?キャスト8人の役割をネタバレします

オーシャンズ8の公開日とキャスト8人の役割・仕事を紹介。サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー)、リアーナ(ナイン・ボール)、アン・ハサウェイ(ダフネ)、サラ・ポールソン(タミー)、ヘレナ・ボナム=カーター(ローズ)、オークワフィナ(コンスタンツ)、ミンディ・カリング(アミタ)という豪華メンバーがド派手に盗むメット・ガラのダイアモンドのネックレス。デビーはダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹という設定で、リブート作品というよりは、全く新しい物語と考えた方が良さそうです。日本の公開日は8月10日ですが、海外は6月8日なので、海外出張先で観てきたらガチのネタバレ・あらすじ・感想をお届けします。

ランペイジ巨獣大乱闘の感想 映画情報 あらすじ ネタバレ 評価 レビュー 結末!

ランペイジ巨獣大乱闘(Rampage)の感想・映画情報・あらすじ・ネタバレ・評価・レビュー・結末を海外で観てきた私がお伝えします。巨大化して暴れまくるゴリラ(ジョージ)・オオカミ(ラルフ)・ワニをドウェイン・ジョンソンが何とかするアクション映画。日本の公開日は5月18日(金)です。ドウェイン・ジョンソン演じるデイヴィス・オコエ霊長類学者とナオミ・ハリス演じるケイト・コールドウェル遺伝子工学者が遺伝子研究施設衛星で実験が行われていた遺伝子操作で巨大化した巨獣の大乱闘の謎を解き明かします。悪役にはシカゴの遺伝子操作研究施設のどデカいビルのオーナーで、マリン・アッカーマン演じるクレア・ワイデンとジェイク・レイシーが演じる弟のブレット・ワイデン。彼らによる危険な遺伝子操作による化学兵器を創り出す『ランペイジ計画』を食い止められるのか?