ワイルドスピード8 アイスブレイクが
4月12日に世界中で公開された後、

 

スターウォーズ・フォースの覚醒

 

の公開初日の興行収入記録を破り、
世界記録を塗り替えたそうです。

 

もの凄い注目度ですね。

 

日本の4月28日公開後の

 

ゴールデンウィーク

 

に観に行く予定を立てている方は、
多いのではないでしょうか。

 

そんなワイスピ8を公開日初日に
海外出張先で観て来た私がお送りする
ブログなので、作品の内容を知りたく
ない方は、この先は読まない方が良い
かも知れません。

ネタバレ注意報発令です(笑)<strong>↓まとめ買いがかなりお得です!</strong>



 

1番驚いた展開

 

映画を観ていて1番驚いたのが、

 

ルーク・ホブス
(ドウェイン・ジョンソン)

デッカード・ショウ
(ジェイソン・ステイサム)

 

最終的に仲良くなった事ですね。

 

筋肉コンビ結成?


 

2人が初めて殴りあったのは、

 

ワイルドスピード スカイミッション

 

で、その時はデッカード・ショウが
小型爆弾を使ってルーク・ボブスを
吹っ飛ばしています。

<strong>↓ドムが着けていたネックレス</strong>


それで入院を余儀なくされた彼は

 

いつかもう一回タイマンを

 

と長い間機会をうかがっていた筈。

その感じは、刑務所で久しぶりに2人が
顔を合わせた時のやり取りから伺える
と思います(予告動画にもあり)

 

↓予告動画はこちらをクリック

筋肉と筋肉のぶつかり合い


 

広告


いがみ合う2人

 

ワイスピ8でも、同じチームとして仕事
をする事になっても、顔をあわせる度に
いがみ合っていた2人。

 
しかしそこには、人間離れ
した強さを持つお互いを
認め合う様な雰囲気
 

が確実にあり、最終的には至近距離で
お互いをけなしつつも、笑顔になって
しまうシーン
がありました。

 

モンスターレベルに強い者同士は、

 

同格のケンカ相手に惹かれあう

 

みたいなイメージでしたね。

 

ドムに撃たれる

 

そんな強い者同士の2人の心が通じた
直後に、チームでドムを追い詰める
途中で、デッカード・ショウがドムに
撃たれて死んでしまうという結果に。

<strong>↓レアな輸入盤のサントラです</strong>


この事実を知ったホブスは、

 

ワンパンで壁を大きくへこませる

 

程の、ハンパない怒り方をしてました。

殺したい程憎んでいた筈のデッカード
でしたが、ドムに殺されたという報告に
行き場のない怒りをあらわにしている
姿から、男の友情を感じましたね。

広告


実は生きていた

 

かなりネタバレしましたが、これで全部
ではないのがワイスピの凄い所。

サイファー一味の目をあざむく為に、
実際は死んでいなかったデッカードは
弟のオーウェン・ショウと別行動で

 

ドムの息子を救い出す

 

という大役をこなします。

ラストシーンでは、ワイスピシリーズ
ではお決まりの

 

ファミリーの食事会

 

にホブスもデッカードも参加している
という嘘みたいな構図になっていて、

 

ドムの人望は
どんだけ凄いねんっ!

 

とツッコミたくなる様なとても味のある
ラストシーンでした(笑)

 

皆さんは、どう思いましたか?

 

↓リアルあらすじ・ネタバレはこちら

ドムの息子って誰?誰が母親?

殺されてしまうのは一体誰なの?

ワイスピ8のDVD発売日はいつ?

ワイスピ8のポスターがハゲばかり!

ブライアンは結局出演しなかった?

出演したヘレン・ミレンの役柄は?

ワイスピ8世界興行収入記録を更新

サイファーはあっさり逃げる展開!

ホブスとショウが仲良しになる?

ワイルドスピード9のネタバレは?

ワイルドスピード9のあらすじは?

 

↓更に詳しくはこちらをどうぞ↓

ワイスピ8の曲を一覧で紹介!

ワイスピ8の車と乗る人の一覧!

広告


ワイスピ8のアルバム発売日は?

ワイスピ8のキャストを紹介!

ワイスピ8の公開日!日本はいつ?

【ブログ内人気ランキングトップ10】

元少年A(東慎一郎)現在の顔写真


 

NHK山梨アナの社内不倫の絡み画像


 

映画「SING・シング」の歌を一覧で


 

ワイスピ8の車の一覧を画像で紹介!


 

広告



バリーシールの死因と稼いだ金額は?


 

長嶋茂雄(ミスター)の死去が心配!


 

ジュラワ3でモササウルスが大暴れ?


 

ワイルドスピードの曲・サントラ一覧


 

熊本地震ライオン逃げたデマ逮捕画像


 

ワイスピで殺されたキャスト一覧


 

最後まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク