全米公開は7月12日だったのですが、
それより2週間程遅れて

 

映画スカイスクレイパー
Skyscraper

映画スカイスクレイパー
映画スカイスクレイパー


 

を観てきました。

日本の公開日は9月21日となりますので
2ヶ月もタイムラグがありますね。

この映画の舞台は、

 

世界一高い香港のビル

Skyscraper
Skyscraper


 

なので、高所恐怖症の方にはめまい連発
の映画かも知れません。

ただあまりにも高すぎて、

 

逆に恐怖感を感じない

 

という印象の方が強かったでしょうか。

今回もしっかりネタバレしていきます。

 

では、いってみましょう!

 

10年前のミネソタ

 

冒頭シーンは、10年前のミネソタ。

雪がちらつく中、一家心中を計って
家族を人質に男性が立てこもりを
続けています。

突入の指示の後、FBIの特殊部隊が
家の中に突入して男に銃を向けます。

何人もの特殊部隊が赤外線スコープ
を男の背中に当てて、

 

ゆっくりコッチ
に体を向けろ!

 

と言うと、男は特殊部隊の方にゆっくり
体を回すのですが、彼は自分の息子を
抱きかかえています。

ここから特殊部隊リーダーであり、
主演のドウェイン・ジョンソンが演じる

 

ウィル・ソーヤー(以下ソーヤー)

ドウェイン・ジョンソン
ドウェイン・ジョンソン


 

がこの男を説得します。

男は泣きながら説得を聞き入れる形で
抱えていた息子を下ろします。

男が説得を聞き入れたと安堵を感じた
その瞬間、男は泣きながら一言、

 

Sorry…

 

と言って、起爆装置を押します。

ソーヤーはこの爆発で片足を失いますが
運ばれた病院で未来の妻となる

 

サラ・ソーヤー

ネーブ・キャンベル
ネーブ・キャンベル


 

と出会います。ネーブ・キャンベルが
演じていますね。

広告


10年後の香港

 

場面は10年後、事件後にサラと結婚した
ソーヤーは、妻と2人の子供である

 

ジョージア

ジョージア・ソーヤー
ジョージア・ソーヤー


 

ヘンリー

ヘンリー・ソーヤー
ヘンリー・ソーヤー


 

という愛する家族と共に香港にいます。

しかも96階の超高層な素敵なお部屋。

このビルは220階建ての世界で1番高い
超高層ビルで、このビルの

 

セキュリティ責任者

 

になる為の最終インタビューに訪れて
おり、この日の為に6ヶ月もこのビルを
詳しく調べて準備をしてきたソーヤー
はかなり緊張気味です。

この仕事を紹介してくれたのは、

 

ベン

Pablo Schreiber
Pablo Schreiber


 

という元FBIの特殊部隊の部下で、
同じく爆破事件で怪我を負った元同士。

サラと子供達はパンダを見に香港の
動物園に行く予定で、ベンは彼らに
園が閉まった後にパンダに餌をあげれる
特別券をプレゼントします。

ベンはソーヤーと彼の家族とも仲が良い
感じで、とてもいい雰囲気でした。

広告


パールのオーナー

 

世界一高いハイテク超高層ビルである

 

ザ・パール

ザ・パール
ザ・パール


 

のオーナーで、チン・ハン演じる

 

ツァオ・ロン・ジー

ツァオ・ロン・ジー
ツァオ・ロン・ジー


 

最上階の220階にオフィスと住居を
構えています。

そのオフィスで面接が行われるのですが
この時にこのザ・パールの素晴らしさが
一通り紹介されます。

このビルの説明が凄かった!

 

・自然公園がビルの中に

・巨大タービンで発電

・火災セキュリティ

・商業施設と住居の区分け

・高さ1000メートル超え

 

と数々の特徴や機能が紹介されます。

未来の世界を見ているようでした!

 

映画の前売り券は、スマホで完結
する方が楽でいいですよね。

↓安い楽だしオススメです!

『スカイスクレイパー』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

新品価格
¥1,400から
(2018/7/28 05:12時点)


もはや空中高くに浮かんだ都市である
そのパールの存在に、セキュリティ面で
どんな事が起こり得るか予想もつかない
部分はあるものの、このビルの詳細を
誰よりも詳しく調べ、知り尽くしている
ソーヤーは、セキュリティ責任者として
採用されます。

広告


タブレット

 

ソーヤーには、全セキュリティを司る
彼の顔認証がないとログイン出来ない

 

セキュリティタブレット

 

が渡され、更にパールのセキュリティを
コントロールするのは、2キロ程離れた
場所にあり、万全の安全体制をとって
います。

それでもまだレジデント(居住者)は
入れておらず、今回ソーヤーの家族が
初めての滞在で、テストの意味も含めて
泊っているとの事。

このオフィスには、ツァオの身を守る
ボディガードやガードマンが何人もいて
その中でも、ノア・テイラー演じる

 

ピース

Noah Taylor
Noah Taylor


 

は明らかに悪役風ですし、予告動画で
悪役として出てきていましたので、
この時点でその辺りがわかってしまい、
物足りなさを感じたのは事実です。

そして、インド系ボディーガードの男
がいるのですが、彼はツァオの腹心
あるようで、ツァオが最も信頼を寄せる
男という設定でした。

また、このセキュリティタブレットが
ソーヤーの手に渡った時、ベンの目が
怪しい動きをしており、その動きが
あからさま過ぎて

 

あ こいつは敵だな

 

っていうのが分かってしまうのが、
ちょっと勿体なかったですね。

最近の映画は、このような伏線を張る
シーンが多い気がするのですが、完全に
観ている人をだますくらいの裏切りで
驚かす方が演出的には良かったと思う
のは、果たして私だけなのでしょうか。

このインタビューの直後、予想通りに
ベンがタブレット強奪に乗り出します。

↓続きを知りたい方はこちらから

ベンの裏切りと壮絶な戦い後の死


 

 

他にもガチのネタバレ書いてます!

キャストと公開日をネタバレっ!

ベンの裏切りと壮絶な戦い後の死

シャ(Hannah Quinlivan)がいいっ

ピースの裏切りの瞬間をネタバレ

クレーンからパールへ大ジャンプ

結末ネタバレはパラシュートが鍵

完全ネタバレを感想/あらすじと共に

広告



【ブログ内人気ランキングトップ7】

元少年A(東慎一郎)現在の顔写真


 

インドラプトルの結末ネタバレ


 

ワイスピ8の車の一覧を画像で紹介!


 

レディプレイヤー1でシャイニング?


広告



ワイスピで殺されたキャスト一覧


 

ランペイジ巨獣大乱闘の完全ネタバレ


 

パイカリ5最後の海賊はバルボッサ?


 

最後まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク